ピュールナチュラ_Distributor_AQUA_Health Labo ピュールナチュラ&サラシア茶 Shop_AQUA_Health&Beauty_labo by GAIAweb:アクア へ ようこそ!!
 

MaHaLo_AQUA_Health Labo

AQUA_Health Labo ピュールナチュラ Shop_AQUA_Health&Beauty_labo by GAIAweb
健康コラム
トップページ ログイン 利用案内 商品一覧 ピュールナチュラとは サラシアとは サポートセンター
 
乾燥肌の方 脂性肌の方 シワが気になる方 シミが気になる方 くすみが気になる方 たるみが気になる方 敏感肌の方
 
健康コラム
近代臨床医学の創始者へルマン・ブールハーフェの箴言
17世紀〜18世紀にかけて活躍したオランダの名医へルマン・ブールハ−フェは、ライデン大学の教授として医学と化学を教えながら「医学論」と「病気の識別」と治療法について箴言」の大著を書き上げました。 
あらゆる植物に精通し、近代臨床医学の創始者とされているブールハーフェは、不思議な遺作を残して亡くなりました。
医学最大の秘密」 彼の遺作の中に発見された一冊の書物は、厳重に封印され「医学最大の秘密」と題されていました。
おそらく名医がその中に、あらゆる病気の治療書を書き残したに違いないと考えられ遺作の競売は話題となり、ついに1万グルテンの高値で競り落とされました。
その後、買い手がおそるおそるその封印を切って書物を開いた時、最初のページにのみ一言書かれているだけで、後は白紙の状態。どこまで開いても白紙でした。その最初の一言とは、 「頭部を冷やし、足を温め、体を楽にせよ。これで全ての病は退散する。」 人間な最良の妙薬は、頭寒足熱につきるとの遺言だったのです。
冷え性改善 入浴のすすめ
人間にとって理想的な体温は、36.5〜37度。通常、私たちの体には、外気の温度に左右されることなく、一定の体温を保つ機能があります。
しかし、生活習慣や食生活が乱れてくると、低体温に陥りやすくなり、血流が悪くなり、血液をドロドロにして、新陳代謝を低下させるなど、様々な体調不良を引き起こします。
冷え性改善には、「正しい入浴」!お風呂に入れないときは「足湯」で全身を温めて冷えを体から取り除きましょう! 「冷えは、万病の元」と昔から言われています。季節を問わず、冷え性対策は、怠らないよう十分気をつけなくては、なりません。
毎日の生活に欠かせないお風呂。お風呂で体を温めることは、体温を上げ、免疫力、酵素の働きなどを上げる最良の方法。
「冷え性の改善」のはじめの一歩として、効果的に体を温めて、健康につながる正しい入浴方法を実践することから、
始めましょう! それと、入浴に欠かせないのが、入浴剤、いろんな入浴剤が発売され今や1つのコーナーが出来るほど種類が豊富です。その中でもやはり健康を考えるなら保温効果の高い入浴剤を選ぶのが、賢明です。また、香りを楽しむのも、入浴剤の醍醐味です。今や、温まることや衛生面だけでなく、リラックスタイムを楽しむ方も増えています。
足湯のすすめ
足湯は健康法の常識になってきました
足湯による健康法が提唱されてきた当初、足湯や半身浴にを実践される人はあまりいませんでした。
現在では全国の温泉地で足湯体験ができ、半身浴と共に「冷え取り健康法」としてすっかりおなじみになっています。
歩くことと足湯をすることは、下半身に停滞している血液を効果的に循環させてくれます。
しかも足湯は、冷える冬場だけに限らず、夏はクーラーによる冷え、それと立ち仕事が多い人には特に年間を通じてお勧めしたい健康促進法です。
足湯ブームと共に、色々な足湯器が発売されています。
気泡や振動、超音波でマッサージしてくれる多機能マシンまであります。いろいろ使ってみると、一番大切なのは多機能よりも基本性能がしっかりしている機器、使い勝手の良い機器、丈夫で壊れにくい機器だと言うことは、言うまでもありません。 本を読みながら、テレビを見ながら、食事をしながら、といつでもどこでも手軽に移動できて足湯をすることができれば最高です。それでいて、使用後の片付けも簡単にできて、省エネ設計・電気代も安く済むものならば、続けて使用することも容易です。足湯は「続けること!」が重要なのです。
   
 
【会社概要】 【特定商取引に関する法律に基づく表示】 【個人情報保護】
Copyright (C) 2000 Purenatura Distributor Shop_AQUA by GAIAweb Technologies Inc.
All Rights Reserved.